スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

走馬灯の如し【おかげさまで4周年目に突入】

人生をして「走馬灯の如し」と言う。

あっという間に7年8年は経ってしまう。

35歳の人なら、すぐに40代になる。気がついたら42歳だった!なんていうことはいくらでもある。

23歳の人なら、すぐに30歳になってしまう。いわゆる「三十路」だ。

わたくしなども2003年に、ゾクチェンの師匠、ナムカイ・ノルブ師を日本に招聘した時には中心となって活動したが、あれからもう、8年以上の月日が経過している。だが、である、記憶は昨日のことのように憶えている。仔細に映像で記憶しており、その全てを再生できるくらいである。まさに、ありありとである。

50年近く生きていて思うのは、人間にはある種の「スジ」があるということだ。魂というか、深い部分に為すべきことが内蔵されているのだと思う。

「一念」というが、わたしはそのことを言っているのでないかと思う。

では、どう過ごせば良いのか。要するに、時間は経過し、ものは無常なのである。その事実を、よくよく腹に入れておくことである。

また、10年先とか考えても仕方が無い。自分の状況や社会がそのまま順風満帆だとは限らない。3年か、せいぜい5年先くらいから自分を見てみるのだ。いま、自分が35歳なら38歳、40歳になったつもりで、自分を見てみるのだ、そうすると今の自分にいかに可能性があるのか、よーく分かる。

こういうようにすると、自分の為すべきことが分かり、自信とヤル気が出てくるのである。

わたくしも20年前はこうだった!諸人よ、如何に時間の経過がむなしいかを知れ。


      20年前のわたし
 

近未来啓示【大司命節の秘機 直前に・・】

さて、明後日から「大司命節の秘機」がはじまる。

昨年の秘機、すなわち「幽政・幽事(かくりごと)」では、大変な大変革がなされたことと推察する。

我々のような凡夫に、神界の幽政は知るべくもないが、幽において決まった事項は、必ず顕世(うつしよ)に反映するのである。

産土の範囲改定が大きくなされたということであろう。

要するに「水」の領域の変化が大きかったわけである。このことは、尚つづくものである。わだつみの神々が大きく関与せる、我が国においてこのことは由々しき事態であると言わねばならない。

「水」の災難(まがこと)を軽減するという一条が、吾が会の「滝行法誓願」に導入されることになった。修行者ご一同は、このことを深く心に刻んでいただきたいと思う。お願いする。

今年は、皆さんに「出雲大社参詣」をお勧めしている。「幽政」において、自分だけでなく、祖霊も含めた、あらゆる萬霊の簿録の改定がなされる。「大司命節」とはそういう期間なのである。そのために「特別な祭文」があり、修法がある。

「出雲大社」に参詣して、祖霊の霊格向上を祈念することは、非常に陰徳功徳のあるものなのです。産土の神社に参ることも大きな功徳です。

また先祖の奥津城(お墓)に行くにも、その前に墓所の産土にゆきお願いしてからゆくと功徳この上ない。こういうことは、仏教のほうのお坊さんでは、ついに分からなかったことなのであります。

秘伝合宿において、大司命節の開白奉告祭を行う。祖霊・萬霊の霊格向上・滅罪生善を願うのである。

そう、近未来の啓示である。

ごく最近、神拝の折、感得した。

10月2日の塩川の大滝での禊ぎ行のあと、寒川神社に参詣し修祓を受けたが、そのときに同行の修行者には、お話した。「〇〇〇〇についてである」。 

来年の行方、変動は何の「天の氣」が動くのであろうか?

しかし、個人の運命改定もこの期間の積善功徳で決まってくるのである。

神真佛仙感応【霊的な一日であった】

今日は、霊的な感応が3つあった一日であった。

まず1つ。神道の秘書・霊書が、わたしのもとに来た。この書は、手に入らないものであり、あっても比較的高価なものである。しかしわたしは、その何十分の一という金額で得ることになった。そこには、「神遊吸気の法」が記されていた。

この話題について、我が会で(わたしの言っている)意味が分かる方は、一人しかおらない。そうですよね、I 先生!少しでも知りたい方は、合宿に出てください。

次に、弘法大師空海展に再びゆき、「飛行三鈷杵」を拝めたこと。実はこの霊夢をごく最近見ています。その霊夢では、飛行三鈷杵を拝した後に、或る場所へゆくことが、定められており、それを実行することで、力が与えられると、夢では示唆されていました。実際に、展覧会へゆき、拝して、その真実なることが分かりました。

最後に、手箱神山では、特別な神事を行います。この法の準備を今日から開始しました。今日をもって完全な法になりました。先般の旧暦七夕祭の参加者には、開眼法要後の講話でお話しましたね。その(由来の)秘法をやりはじめたわけです。

わたしのような立場になりますと、伝法授受は、象徴的な文字や法具、伝書・霊書を授けられるという形の伝承形式も出てまいります。生きている人間の師匠以外からも秘伝を受けるわけです。それは一瞬にして行われます。

たった一文字を見つめているだけで、小論文くらいの情報が、自然に頭の中に浮かんでくるのです。いつからか、わたしはそういう体質・頭脳になっていました。

今日の出来事は、すべて神真佛仙の世界からの感応であります。

猫のカフェ【気味の悪い時代です】

ねこ

本日、猫のいるカフェに行った。

猫の不思議な習性が好きなので、興味本位で行くことにしたのである。

いつものように側近スタッフと行った。

そのカフェが何所にあるかは、ここには記さない。あまりにも簡単に分かってしまうからだ。

入店して、すぐに変だと思った。わたしは、入室料金+ドリンクをコースとして選択したのであるが、店内に居る人間の、猫を触る様子や表情に異様なものを感じた。観察するまでもなく、瞬間的に感じたのである。

独善的な触り方持ち方、あれ(ネコ)が自分だったらどう思うのだろうと思った。猫もたいしたもので、半分くらい(10匹ほど)は、人間に対して「フンっ」という態度なのである。

だがどこにでも、間の悪いのがいるのだ。いかにもオタク系の兄ちゃんに追い掛け回されているネコがいた。その猫は、顔がすこしつぶれていて、前足が短く、すこし動作が鈍く、妙に可愛いヤツなのだった。

オタク系に標的にされて、高い位置に首尾よく逃げたなと、思っていたら、そこから首根っこを捉まれて、引っ張り出されて、さんざんな目に遭っていた。こりゃあ、まさしく災難(サイニャン!)だと・・・。側近スタッフなどは本性が優しいから、思わず『かわいそう〜〜』と、オタク系に聞こえる声を発していた。

動物の自由を奪って、商売にするなどというのは、人間の思い上がりだと思う。そうでなくてもペットというのは弱い存在なのだから。

今の時代はどこかが、やはり狂っている。わたしは、二度と「猫カフェ」には行かない。 

常識非常識【先生は御供養マシン!?】

空海展にゆく(3)の予定でありましたが、変更しました。

先般、「東京浅草ほおずき市」にゆきましが、その同行者の人が、お礼の言葉と共に、お伯が亡くなったと報告してきた。

予てから、わたしは皆さんに、近親者が逝去したら、ご供養をするから希望があるのならば、申し出るように言ってきました。これは間違いのないことです。

しかしながら、ただお伯さんが亡くなりました、だけではどうすることもできない。御供養をしてほしというのなら、そのように明記するべきである。また、ご供養というのは「三力具足(さんりきぐそく)」と言って、信者の功徳力・如来の加持力・行者の法界力の三つが揃わなければ、成就できないわけである。

人に頼んだだけで、自分は何もしないという精神。死者を助けたいのなら、それだけの功徳を積めと言いたい。

「先生がそう言ったから、そう言いました」と何の臆面もなくの給う。こういうのが増えたら、日本は雅の国でも何でもなくなってしまう。そういえば、「雅・・」ねぇー。

『先生は御供養マシン!』

どこかのTVドラマみたいだな。

わたしは生身の人間ですよ。マシンじゃぁない。こころがある。真心のみに反応する心があるんです。

心当たりのある人は、常識非常識について考えてもらいたい。 

花束と言葉【思念が伝わるもの】

誕生祝のお花

門人方よりお祝いの花束が届いた。ご覧のような美しいお花だ。

また、多くの方からお手紙・メール・お言葉を頂戴した。心から感謝申し上げます。

お花にしても、手紙にしても、メールにしても、言葉(声そのもの)にしても、それらを通して送ってくださった方の思い・念が伝わってくる。

思念とは、生き物の如く、明確に残留していて、直接的に心に入ってくる。

良い思念は、生命力を増強する。悪い思念は、生命力を阻害する。

チベットの医学では、「生命の風(ルン)」ということをいう。これは、心臓付近に僅かに存在している、命の源のような「気」である。チベット医学では、「風(ルン)」という。この生命のルンを守っているものに「ラ」「レ」という、一種の魂・霊のようなものがある。これが弱まると、人間は生命力が衰えるという。

わたしは体験上から、この気体(ルン)に他人の思念は影響を与えると考えている。

思念は、ある時は物に乗り、手紙に乗りやってくる。直接の言葉などは非常に強力だ。直接の息と共に発せられるものなのだから。

「神界感通秘詞」なども言霊といって、己が霊魂(たましひ)に響かせるように、密用する。それを実践すると格段の効果が出てくる。

真言密教というが、ここに一つの秘伝がある。真言とはマントラ、言葉の密教だ。効果的な工夫がなされてきているのである。こういうことを詳しく説明する※阿闍梨(アジャリ)も最近ではあまりいないと思う。

今度の「霊学講座(第19回)」に霊光療法と共に言葉を唱える秘伝を行う予定である。

※阿闍梨(アジャリ)・・・密教の師匠・教師のこと。サンスクリット語のアチャーリャア(教師)からきている。阿闍梨(アジャリ)とも言うし、阿闍梨耶(アジャリヤ)とも言う。大日経の注釈書に「阿闍梨の十三徳」が詳しく説かれている。 

チェルノブイリ原発事故の再来か【‘にがよもぎ‘に注意せよ!】

東北・関東大震災は、甚大な被害をもたらしている。
イギリスBBC放送では、8万人以上の行方不明者が出るとショッキングなニュースを流している。またアメリカなどでも、今回の大地震と大津波、福島原発の非常事態を大きく報道している。ロシアは、すでに極東の放射線監視レベルを最高度に上げたという。

日本の政府機関も、遂に「ヨウ素剤準備云々」と言い始めた。更に、避難区域を半径20kmにまで引き上げた。
詳しいことについて、ようやく「政府首脳」は国民に報告した。爆発らしきことが起こってから、5時間経ってようやくだ。

いまhttp://www.ustream.tv/channel/cnic-news
http://www.cnic.jp/modules/news/
などで正確な情報が得られると思う。「原子力資料情報室」からの正確な情報である。非常に参考になる。

わたしは思い出す、四半世紀前、およそ25年前の「チェルノブイリ原発事故」のことを。巨大技術の崩壊だった。

聖書の「ヨハネの黙示録」に次のような記述がある。
『ー天使のラッパと災いー
 第三の天使がラッパを吹いた。すると、松明(たいまつ)のように燃えている大きな星が、天から落ちて来て、川という川の三分の一と、その水源の上に落ちた。この星の名は「苦よもぎ(にがよもぎ)」といい、水の三分の一が苦よもぎのように苦くなって、そのために多くの人が死んだ。』

「にがよもぎ」は、ロシア語で「チェルノブイリ」の意味だという。これは果たして偶然だろうか。
にがよもぎ=放射性物質ということなのだろう。

3月14日(月)15日の夜は、関東地方では、雨天の予報だ。念のため注意が必要であると思う。

政府首脳からの報告では、最悪の状態には至っていないようだ。今後どのように情勢が変わるか判らないが・・・。

しかし、東北地方の大地震による、大津波の被災が心配でならない。

日本は世界の雛形であり、その業を負う役目がある。しかし現実の災厄はとんでもないものになっている。個人個人の幸せを一瞬にして奪っている。我々も、せめて節約を心がけ、事態が国民の力を必要とするに及んで、喜んで微力を尽くそうではないか。


神祇感応せり【祝!我孫子カイロプラクティックセンター開院す】

筑波山不動の滝

昨日(2月13日)予定通り、筑波山の白滝神社にて「我孫子カイロプラクティックセンター(http://abikochiro.jimdo.com/)開院お祝い滝行禊ぎ」を行った。

白滝神社には、2つの滝場がある。「白瀧」と「不動の瀧」である。ある「霊書(霊的書物)」の啓示によって、この2つの瀧が江戸時代には修験山伏の行場になっていたこと、「幽真界(山人界)」での30日間の寒行が、此の場所ないし「日光の華厳乃瀧」で行われることなど、「禊ぎ会」の前夜に知れたわけである。

このことは重要な意味を持つ。我孫子カイロプラクティックセンター創設の地に赴いたその日(昨年12月)に我々は白瀧で初めて修行したからである。我孫子カイロプラクティックセンターと「筑波山白瀧」は切って切り離せない「霊縁」があるのである。

高根大神御尊形

件の「霊書」によって、啓示の主がどなたなのかはっきりした。それは人間界と正神界を橋渡しして、人間が道を得る(得道)手助けをしている神真である一柱の神であったのである。

雪の残る霊地では不思議な美しい光景が数々あった。白瀧神社では二カ所を礼拝する法則も分かった。お宮の中が拝禮が進むにつれに光っていった。この日の、瀧の修行・禊ぎは素晴らしいものだった。遂にわたしたちは、念願の得道の為の神祇との交通が始まったのである。

古神道でも神道でも、斯道に於いて、これを実現している者はほとんどいない。みな「単なる物知り」「古神道マニア」みたいな頭でっかち、やっているつもり人間ばかりなのである。得道を助ける神との交通などできているものは現代において、ほぼ絶滅している。

この度、お約束の通り、先の神真と結縁する為の御神璽を奉祀した。それは正神界と結縁する霊璽でもある。白眉なのはもう一柱の人間を得道せしめる神真との「結縁護符」が祀られたことだ。

つまり我孫子カイロプラクティックセンターの開院のお祝い禊ぎ会に於いて、得道の為の二大神真が「感応道交(かんのうどうきょう)」したということである。

白瀧禊ぎ行

忘れ難い瀧行・禊ぎ、御神璽奉祀式になった。今回の先達衆には、身に付けているだけで「神通力」が出てくるという御神符を授与する予定である。

夜には庄田先生のお宅で結構な晩餐をいただいた。庄田先生にも奥様ご家族にもお気遣いいただき、この場を借りて感謝申し上げます。

庄田家の二匹のワンちゃんも元気いっぱいでした。愛犬ジャックはお庭で大はしゃぎでした!

我孫子カイロプラクティックセンターはとても立派な治療オフィスになりました。優れた治療がなされ、繁盛してゆくことでしょう。きれいで清潔な治療院です。既に開院日の今日、数名の治療予約が入っているのです。

最後になりますが、白瀧でいただいた、近谷先生特製の「白瀧ラーメン」はやっぱり美味しかった。こんなに美味いラーメンはない。

来る3月20日〜21日、此の所で合宿を行います。宿舎も眺めがよく、楽しい企画になりそうです。ご参加の方は、お申し出ください。白瀧ラーメンの予定はあるんです。

白瀧ラーメン! 

御祝い禊ぎ会前夜の奇瑞【我孫子カイロプラクッティクセンター開院前夜】

わたしは2月12日(土)の夜から今の時間まで、我孫子カイロプラクティックセンター開院お祝いの為の「禊ぎ会」ならびに「神拝式」の準備をしていた。まさしく遅れ遅れの「豊(卯)」の因縁である。

神界に結縁するところの護符、法式に用いる祝詞や秘詞を準備していたのである。

まったく不思議なことであるが、或る霊的な秘書が気になり、しばらく読んでいた。わたしは少年のころから、こういう感覚があった場合、大抵何かある。経験的にわかっている。

その書には、こうある。

彼の世界では「火の行、寒水の行」があり、寒の時期の修行は、主に「筑波山の白滝、不動滝」あるいは「日光の華厳の滝」で行うという。およそ30日間、両部の法式で行うという。

これは「山人界」と呼ばれる界での修行だ。地仙と呼ばれる存在だといえる。「両部」というのは、神のほうもあり佛のほうもあるということである。だが、主に神祇を尊んでいる。この界では、密教の護身法なども切る(結印する)とも言われている。

あと数時間で訪れ修行するであろう「白瀧」には、霊的な意味において重要な秘密が込められていたのである。出発の数時間前の前夜に知ったのは、まさしく奇瑞である。 

国際基準【我孫子カイロプラクティックセンター愈々開院す】

庄田先生開設の「我孫子カイロプラクティックセンター」が2月14日(月)吉日に愈々開院する。同センターにて、松浦先生もカイロドクターとして治療に従事することになっている。大変喜ばしいことだと思う。

庄田先生と松浦先生は、国際基準のカイロドクターである。日本においてカイロドクターというものは国家資格としては認定されていないけれども、アメリカをはじめオーストラリアその他の諸外国においては、ドクターとしての格を有し、それだけの学問技量を積む。両先生は、紛い物の多い日本のカイロ業界にあって、国際基準の学識を持つ先生だということができる。

このような先生が治療業界に参戦することは、「未病」の多い現代に於いて地域に光を投げかけるものと確信している。更に両先生は、わたしが主催している自然智乃会で教授している「霊法」を修行しているのである。優秀なカイロプラクティックの技術だけでなく、霊術=療術も実践しているのである。

わたしは特殊な治療に係わる「霊法」「霊術」「禁厭(きんえん)」を集成する作業に入ろうかと思っている。その中には、大名貴神伝の法も含まれている。優秀な先生方には、どしどし教授してゆこうと思う。土台には当然、産土神拝禮と導師との信頼がなければ法は成し得ない。

2月13日(日)には、例の「白瀧神社」にて、滝行禊ぎ修練会を行う。参加者は当初の人員より少なくなった。滝行修練会の公開応募を中止にしたので、それに伴っているわけである。

わたしとしては迷いや妄念など、そういうものの無い曇りなき一点に於いて祈りを捧げたいので、そのようにさせていただいた。

「画竜点睛」というけれども、目玉の入れ方で生きるかどうかということになる。庄田先生も松浦先生もブレがないので、まずその点は安心だが、お祝いにゆくわたしとしては、潔斎ということを第一に考えるわけである。

いずれにしても寧日待った。一日千秋の思いで待った。先生方は尚更のことだと思うし、喜びと期待もひとしおだと思う。開く(天らく)気合でお祝いしたいと思う。


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM